思想

2013年1月 6日 (日)

いつか来る日

トモ「親が、自分の死んだ後の話をするとドキリとしてしまうね。
かたる「ゆっきーさんは、両親ではなくて飼い犬の話ですけどね。
トモ「分かってる。
しかしまあ、生きていれば必ず死ぬわけで、それは必ずやってくる日なんだよな。
かたる「あまり考えたくは、ありませんけどね。
トモ「犬や猫だと、寿命はせいぜい15年ってところだ。
人間ならば80年から、どんなに長くても120年。それは、動かしようもない現実。
かたる「考えないわけにはいきませんよね・・・。
トモ「しかし僕ぁ、親の死に目は立ち会いたくないなぁ。
先に死んでるほうが、気が楽だ。
かたる「そ、それは・・・どうなんですか??
トモ「と、同時に、それなりに長生きもしたいという、一見すると矛盾した感情を持っている。
かたる「絶対に両方を満たすのは、無理じゃないですか!!
トモ「そうでもないぞ。要するに、親のほうが極端に長生きしてくれればいいんだ。
こっちは、それなりの年数、生きられれば、まあよしとするから。
とにかく人間の寿命は、何かを学習するのにも習得するのにも探求するのにも短すぎる。
結局は、どっかで妥協するしかないんだ。
せめて1億年くらい生きられれば、この地球の0.000000000001%くらいは、
知ることができたかもしれないがね。
いや、分からないな。それだけ学び続けても、探求し続けても
自分が『まだまだ、な~んにも知らない』ってことを知るだけかもな~。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-5125.html
(第6036回)

| | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

『まったり』

トモ「ゆっきーさんは、使うほうなんだな。
かたる「何の話ですか?
トモ「まったり、って言う言葉をさ。
昨日の朝日新聞に国語世論調査と称して、いくつかの言葉の使われ具合を調べてたんだ。
他にも『むかつく』とか『なにげに』とか『ちょー』とか。
かたる「トモさんは、使いますか?
それらの言葉。
トモ「人前では、むかつくって言葉はめったに使わないな。使わないようにしてる。
なにげに・・・使わないなぁ。『なにげなく』なら使うけど。
かたる「『ちょー』は。
トモ「それなら使う。ちょーむかつく!
かたる「むかつくって使ってるじゃないですか!!
トモ「ああ、本当だ。いや、これ家でゲームとかでイラッとした時だけだ。
・・・そうでもないか。
『むかつく』は単独では使わないけど『ちょーむかつく』は使ってるかもしれん。
かたる「抑えきれないほど腹が立った時だけ、セットで使うんですね。
トモ「そんな冷静に分析されても・・・
かたる「で、『まったり』は。
トモ「使わないねぇ。料理の評価でも使わないねぇ。
かたる「つまり、その世論調査、トモさんは殆ど該当しないと。
トモ「いや、12個例が出てるけど、ざっと見た感じちょっと変形した使い方も含めると
該当するのは半分だ。つまり50%。
かたる「なるほど。
ちなみに、今月のブログを調べてみましたが、たしかに『なにげに』は0回で、
『なんとなく』は2回でした。
トモ「だろう。でも、ここで使ったから今月は3回になってしまうな。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-a241.html
(第5892回)

| | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

まだまだバースディ気分

トモ「本当に女子は、この手のイベントが好きだなぁ。
かたる「男子は、あまりこう言うイベントは好きではないと。
トモ「って言うか、男子だけだったら誕生日パーティなんてしないだろう。
あまりにも面倒くさいから。
かたる「そんなもんなんですかねぇ。僕には良く分かりませんけど。
トモ「ゆっきーさんみたいに、芸能人だったらまた話は別なんだろうがね。
そもそも男子は、いちいち誕生日など聞かないような気がする。
かたる「相手が女の子だったら?
トモ「僕は聞かないだろうね。
歳の話にでもなれば、必然的に聞くことになるけどさ。
かたる「血液型は。
トモ「聞かないねぇ。興味がない。
そんなもの聞いて、どうするってんだ。
かたる「その、話題作りのためとか・・・
トモ「話題作り~?
え~。それならば、趣味を聞いたほうが良いじゃんよ。
趣味、好きなもの、嫌いなもの、得意料理、得意な教科、苦手な教科、ええっと他には・・・
ブラッドタイプが何かなんて、全く役に立たないけど、こっちのほうは役に立つぞ。
かたる「そんなことだからダメなんですよ~。
トモ「なにっ??
かたる「そういう、何の役にも立たなそうな話をするのも、女の人は好きなんじゃないでしょうか。
トモ「ああ~・・・
なるほど。う~~~~~む。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-5ba9.html
(第5495回)

| | トラックバック (0)

2011年9月14日 (水)

絶滅と言ったって

トモ「そりゃあ、現代の人間のように世界中の状況を把握しているのなら
自分たちの絶滅を理解できるかもしれないけども。
かたる「何の話ですか?
トモ「ゆっきーさんが恐竜の絶滅の話をしているから。
かたる「恐竜の話ですか。
トモ「いや、絶滅の話。
かたる「び、微妙にずらしてますね。
トモ「何億年、種が続いていようと、個としての生命は、せいぜい数十年。
それは人も恐竜も変わらないんじゃないかな。
人は、自分が理解できないような、途方もない数字を目の前にすると自分は小さいなぁと思ったりするよね。
かたる「そうですね。
トモ「でもさ、気づいているのかね。
自分が生きていること自体、その積み重ねの一部ってこと。
かたる「?
トモ「恐竜だって人間だって、一代じゃ数十年しか時を繋げられないんだ。
いや、むしろ人間のほうが恐竜よりも長寿かもしれない。うん、おそらく、そうだろう。
あと1,000億年ほど経った時、こんなセリフが聞かれるかもね。
かたる「どんなセリフですか?
トモ「『人類の歴史が始まる6,500万年前まで、恐竜の時代が3億年ほどありました。
人類の歴史に比べると短いものですが、それはそれは巨大な生き物だったそうです。』
かたる「たしかに、今は大きな数字に感じられても、より大きな数字に飲み込まれる時は来るかも。
でも、そんなに長く人類の歴史は続きますかね?
トモ「どうだろう。
案外、短いかもしれないし、とてつもなく長いかもしれない。
ただ言えることは、人類は別に恐竜に劣っているわけではないってことだな。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-fde4.html
(第5265回)

| | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

頑張っても良いし、頑張らなくても良い

かたる「なんですか、今日のタイトルは。
トモ「僕の仕事に対する姿勢だよ。
かたる「頑張らなくても良いって、ずいぶんじゃないですか。
トモ「別にサボるわけじゃない。
最低限のことはやるけど、それ以外はやらずにあっさりと家に帰ることもあるって話だ。
ゆっきーさんが舞台稽古やらなんやらを頑張っているようだから、
頑張りすぎて体調を壊したり、失敗をしてショックを受けすぎたりしないようにって思ってね
この記事を書いたわけだよ。
ゆっきーさんにとって、今の仕事は生きがいだったり充実していたりするのかもしれないけど
それだけのために生きているわけじゃないし、それだけが全てじゃない。
かたる「どうしたんですか、急に。
トモ「いや、最近は一見すると順調そうに見える人が突然自殺したりとか
そういうニュースが何件かあったじゃないか。それで一応ね。
追い込まれたと思っても、人生、逃げ道なんて幾らでもある。
かたる「僕たちは、王様とか大統領とは違いますもんね。
トモ「そうそう。ひたすら娯楽のために生きて、仕事はオマケってくらいでもいいんだよ。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-a435.html
(第5112回)

| | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

河中あいさんの結婚式

トモ「ディズニーリゾート関連の施設での結婚式なのかな。
かたる「そりゃあ、あそこ以外で勝手にディズニーキャラクターは使えないはずですから。
トモ「だなぁ。
とにかく幸せいっぱいで、よかったじゃないか。
かたる「河中さん、このまま末永く幸せでいられるといいですね。
トモ「しかしさ、さすがにゆっきーさんさんには順番を守ってほしいなぁ。
めでたい席で言うことではないんだけど、最近は子供ができて結婚して
その後、性格の不一致だかですぐに・・・ってのが多すぎる。
安易過ぎてイヤになってくる。
ほんっとう~に、結婚すること子供を産み育てることの責任の重さをかみ締めながら生きてもらいたいよ。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-d899.html
(第4768回)

| | トラックバック (0)

2010年7月20日 (火)

もうすぐバースデー

トモ「宇野実彩子さんと、もうすぐ折井あゆみさんもバースデーだってよ。
かたる「トモさんのバースデーも、もうすぐですね。
トモ「いや・・・僕のは別にどうでもいいよ。
まだ体が衰えていっている気はしないが、あんまり歳は取りたくないねぇ。
かたる「まだ進化していると?
トモ「これも、いろいろなことに挑戦して、ちょっとずつうまくなったりしているせいだろうね。
そういう点では、挑戦し続けるというのは老いを遅らせるいい薬なのかもしれん。
キミはまだ、年齢について考えるような段階じゃないから分からんだろうけども。
かたる「大人になるって、どんな感じなんでしょうか?
トモ「別に、何もないぞ?
僕は20歳になった時も何一つ生活を変えたりしなかったからな。全く何も変わらん。
犯罪でも犯せば変わるんだろうが、殆どの人間にとっては20歳になるってこと自体は
大した出来事じゃない。
かたる「そうですか~?本当かなぁ・・・
トモ「考えても見ろ。高校卒業と同時に就職していたのなら、18ですでに社会人だ。
大学に進んだのなら、20はまだ就学中だ。専門学校なんかなら、20で卒業ということもあろうが
それでも実際に学校を出るのは3月。誕生日だからって、特に生活が変わるわけじゃない。
かたる「う~ん・・・、確かにそうですけど・・・
お酒とか、タバコとか、
トモ「酒は興味本位で飲むやつもいるだろうけど、タバコなんかに手を出すのは愚の骨頂だな。
くだらない興味だけで、一生をタバコの支配に委ねることになるんだ。
イライラして落ち着きのない人生を送ること請け合い。だからタバコにだけは手を出すなよ?
かたる「は、はい。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-af6f.html
(第4529回)

| | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

サフォーク

トモ「ゆっきーさんの、こういうドライなところは好きだね。
かたる「?
トモ「子羊を抱えて可愛いといった後に、おいしそうって。
かたる「ははは。普通は、可哀想とか思いそうですけどね。
トモ「ほらさ、ちょっと前に学校で豚か何かを育てて最後は食べようという話があったじゃないか。
かたる「あー・・・、ありましたね。
トモ「しかし最後は、なんだか良くわからんことになって・・・ええっと、どうなったんだったかな。
とにかく自分たちで屠って食べることはしなかったと思うんだけども。
かたる「そうでしたっけ。
とにかく、食べる食べないで揉めていたのは覚えていますよ。
トモ「毎日のように食べているものでも、目の前に生きているのがいると可哀想とか
なんて言うか、気に食わんのだよ。
かたる「まあ気持ちは分からなくはないでしょう?
トモ「毎日のように『まるまる太ってきて美味しそうだね~』と指導者側が言っておけば
可愛いと思うと同時に美味しそうって感情も持てたかもね。
かたる「そ、それは・・・どうでしょう・・・??
トモ「それから、部位を指さして『ここが特にうまいんだぞ~』と煽るんだよ。
かたる「まあ、確かに食べる時の抵抗は減るような気がしないでもないですけども
教育的にはどうなんでしょうか・・・?
トモ「なにが教育だ。同じ人間をも簡単に虐め、殺してしまう年代だぞ?
教育なんて言うのなら、そっちのほうをなんとかしなきゃ。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/part-d30f.html
(第4517回)

| | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

『普通』

トモ「海、そしてクジラか。
なんだか、フォーエバーブルーと言うゲームのことを思い出したな。
あれ、激しさはないんだけど、ゆったりしていて面白そうなんだよな~。
かたる「ゆっきーさんの話はゲームではなく、DVDか何かの話みたいですよ?
トモ「分かってるさ~。
しかし、人間が小さいだなんて、あまり考えないほうがいい。
命に対して『小さい』を使うと、相対的な重みがついてしまう。
かたる「?
トモ「同じ生き物の中で、この大きさでこういう形をしているものが人間と呼ばれている。
ただそれだけのことだ。別に小さいわけじゃない。
アリだって別に小さくないし、地球だって小さくない。
むしろ大きい。
かたる「広い宇宙の中では、地球だって小さいんじゃないですか?
トモ「その『広い宇宙』と言うのはなんだ?
かたる「え?
沢山の星があって、誕生と終わりを繰り返していて・・・
トモ「その星って?
かたる「いろいろな物質が集まってできた球体?ですか。
トモ「個々のものをグループにしてまとめて宇宙と呼んでいるだけじゃないか。
かたる「今日のトモさんの話は、ちょっと難しいです・・・。
トモ「つまりだ。個々のものをいちいち比較して考えるのがそもそもおかしい。
それぞれは、それぞれの大きさがあって、それはそれ自身にとって『普通の大きさ』なんだよ。
さっきのアリの話だと、人間が『アリは小さくてかわいそうだ』とか言っても
アリにとっては、何言ってんだって話になるだろう?
かたる「アリは、アリにとっては小さいほうがいいから小さいんだってことを言いたいんですか?
トモ「ちょっと違うが、まあそれに近いかね。
つまり言いたいことは、自分を卑下して相手を相対的に高く見るんじゃなくって
素直に相手の能力に感心していればいいってことだよ。
人間も優れているけど、『やるじゃないか、アリも優れているんだな~』とね。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-bc81.html
(第3976回)

| | トラックバック (0)