生物学

2012年1月12日 (木)

サメ

トモ「サメなのか。
手足があったら、モンハンTriGに出てくるルドロスってモンスターみたいだ。
かたる「だからもう、その話は・・・
何でもかんでも、モンハンの話につなげようとしてません??
トモ「う~む、今かなりハマリ中だからかもしれん。
次は、ガノトトスって魚竜に挑むところだ。体験版と、あとWiiで遊んだモンハンGにもいたな。
かなりえぐい攻撃をしてくる奴だった。
あ、今それで思い出した。
かたる「・・・
トモ「や、やめておこう。
と、ところで、ゆっきーが撮った写真のサメって種類は何だろうね。
なんだか不思議なデザインだ。
かたる「デザインって。
トモ「ああ、体型と模様と言うべきか。
かたる「ええっと、いろいろと調べてみたところ、トラフザメと言う種類じゃないでしょうか。
トモ「トラフザメ・・・。
しかし、サメって割には丸っこくて可愛い感じがするな。
あまり凶暴な種類じゃないんだろうな。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-d63e.html
(第5469回)

| | トラックバック (0)

続きまして、マンボウ

かたる「ゆっきーさん、今度はマンボウの写真を撮っていますよ。
トモ「おおっ、確かマンボウ型の生物はモンハンTriGにも出てたような。
かたる「いや、もうその話は結構ですっ。
トモ「そう?
それじゃあ、しょうがない。この話はここまでにしておこう。
かたる「ところで、ゆっきーさんによると、マンボウって泳ぎがあまりうまくないそうですね。
トモ「そうなのか?
かたる「少し調べてみましたが、確かに泳ぎが下手だそうです。
実際に、溺れたり岩場から出られなくなってそのまま死んでしまうマンボウもいるとか。
トモ「そこまでひどいのか。
かたる「やっぱり、あの形状が原因だそうですよ。
トモ「じゃあ、なんであんな形なんだっ!!
かたる「少ない体積で少しでも自分を大きく見せて威圧感を出すためとか、そんな感じじゃないですかね。
トモ「狭いところに逃げ込めるとか、かも知れないね。
いや、それで抜け出せなくなったら本末転倒だが。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-1ebe.html
(第5468回)

| | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

シロクマ

トモ「シロクマか。
水族館に行った時も、サファリパークに行った時も、シロクマには会えなかったな。
かたる「いや、普通はどちらにもいないでしょう。
シロクマは魚じゃありませんし、サファリのような環境で暮らす生き物じゃありませんから。
トモ「やっぱり、動物園じゃないと会えないのかねぇ。
かたる「シロクマを観たくなったんですか?
トモ「この、ゆっきーさんが撮った写真のうち、水中を泳いでいるらしき姿。
これを実際に見てみたいね。
かたる「前足だけで泳ぐと言っていますけど、本当でしょうか!?
トモ「おおよそは、そうなのだろう。
別のサイトで写真を見たら、犬掻きっぽい泳ぎをしているな。
腕の力が強いから、蹴る力よりも推進力が得られるのかもしれない。
あとは足の稼動範囲が、泳ぎに使うのには、あまり適していないのかもしれないね。
かたる「そういえば、クマが攻撃を行う時も、前足でのパンチはよく映像で見かけますが
後ろ足でキックをする映像は、全然見かけませんもんね。
それほど前足が強いんですね。
トモ「キックをするクマか。見てみたいものだ。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-85f2.html
(第5083回)

| | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

コアラは

かたる「ゆっきーさんは、博物館や動物園が好きですね。
トモ「今度は、コアラの写真を撮ってるね。
かたる「コアラって一見すると可愛らしいんですが、よく見ると意外に獰猛なんですよね。
トモ「獰猛ってよりも、神経質らしい。
なんでも、体重を量る時もコアラに気を使って木につかまったまま量るんだってさ。
『イッテQ!』か何かで見たよ。
かたる「なるほど、神経質だから気分を害することをされると怒りやすいんですね。
そういえば、コアラが木から下りているところって見た覚えがありません。
トモ「木につかまっているほうが安心できるってことだろうなぁ~。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-49b3.html
(第5081回)

| | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

またまた博物館

トモ「本当に博物館が好きだな、ゆっきーさんは。
かたる「恐竜の博物館の話題は、何度か取り上げていましたね。
トモ「まあ、僕も恐竜は好きだけど。
恐竜とか、宇宙人とか、UFOとか、地底人、海底人・・・
かたる「途中からSFになっちゃってるじゃないですかっ!!
トモ「不思議なもの、神秘的なものが好きなんだよ。
恐竜なんて、あんな巨大な物がどうやって重力に逆らって動作が成り立っていたのか?
未だによく分かっていないんだぞ。
かたる「そういえば、力学上『飛べるはずのない昆虫』や『動けるはずのない恐竜』なんてものがあるそうですね。
トモ「しかし実際は飛んでいるし、歩いている。
ロマンじゃないか~。
かたる「まあ、クマバチが飛ぶ仕組みは解明されつつあるようですけどね。
恐竜のほうも、そのうち解明されるんじゃないですか?
トモ「クマバチは今もいるからなぁ。
この世にいないものの動作を検証するのは、相当に骨が折れる気がするな。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-6606.html
(第5070回)

| | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

でっかい動物

トモ「ゆっきーさんの背後の鯨の骨格標本、でっかいねぇ~。
かたる「トモさんは、ああいう大きな骨、観たことありますか?
トモ「たぶん、あったと思う。小さいころだろうからハッキリとは記憶していないけども。
恐竜展とか、観に行ったと思うよ。
かたる「家族でですか?
トモ「そう。家族で。
小さいころは、図鑑を観るのも好きだったな。
お父さんが買ってくれた図鑑をよく読んだものだよ。
あと、図書室とかでも。
かたる「へ~ぇ。
どんな図鑑を読んだんですか?
トモ「動物、植物、昆虫、海の動物、乗り物、ええっと・・・
地球とか星の図鑑もあったなぁ。何でも読んだ記憶があるよ。
かたる「トモさんは、昔からあっちこっちのものに興味を持って調べたりしていたんですね。
トモ「恐竜も好きだったなぁ。何度も読んだ記憶がある。
あと、ドラえもんの恐竜関連の話は面白いよね。
かたる「漫画の話ですか。
トモ「漫画と言っても、藤子先生の描く恐竜は、しっかり資料に基づいているから知識としても役に立つよ。
まあ、最近になっていろんな説が増えてきたから、当時の常識が今は通用しなかったりもするけどね。
恐竜の色とか、体毛とか。種類とか。
しかしさ、昔の恐竜の新種がたまに見つかるけども、本当に新種なのかな?
かたる「初めて見つかった種類なら、新種じゃないですか?
トモ「既に見つかっている種の、奇形なだけの場合もあるような気がするんだよね。
その辺はどうやって見分けているんだろう?
一個だけじゃなくって、複数の固体が見つからないと断定できないんじゃないかと思うんだけどねぇ・・・。
かたる「じゃあ、複数の箇所が既存の種と異なる場合とか。
トモ「複数?人間でもそうだけど、一部が変形すると引っ張られて他の部分もゆがむことがあるぞ。
それに、ほぼ同種で新種って場合は一箇所しか違わないことも十分にありえる。
かたる「う~ん、そう言われると・・・どうやって判断しているんでしょうね。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-1716.html
(第4625回)

| | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

食虫植物

かたる「ゆっきーさんが育てているそうですよ。
トモさんは、食虫植物を見たことありますか?
トモ「あるよ。何種類かね。
ハエが挟まってたっけな~。
たぶん、ゆっきーさんが育てているやつを同じタイプの品種だな。
小学生時代に、友達の家で見た。
あと、ゆりみたいなやつで、深くなった部分に水が入ってるのも見たな。
あれはテレビで見ただけだったかな・・・?
でも昔は植物園にも、良く家族で行ってたからな。
そこでも見たはずだ。でかいのもあったような気がする。
かたる「憶えてないんですか?
トモ「残念ながら、はっきりとはね。
しかし解説のプレートがあったと思うぞ。ドコドコの食虫植物~とかって。
かたる「う~ん。なんだかハッキリしませんねぇ。
トモ「もうちょっと、何か印象的なエピソードがあれば覚えていたんだろうけど・・・。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/post-9b23.html
(第4555回)

| | トラックバック (0)

2010年7月 3日 (土)

やっぱり動物大好き

トモ「ゆっきーさん、また動物関連の記事を書いてるね。
かたる「明治神宮に、そんなイベントがあるんですね。
トモ「・・・と思って明治神宮のホームページにチェックしに行ったら、今は
『明治神宮鎮座90年記念展 「――壮大なる杜づくり――明治神宮の創建」第2部』の情報しか
書かれてなかったよ。
かたる「その展示は来週末からなんですね。
もう次の展示情報の紹介に切り替えたんでしょうね。
トモ「うむ・・・。

かたる「それにしても、ゆっきーさんの記事を見たんですけど21世紀末までに
平均気温が6.4度も上昇するなんて恐ろしいですね。
トモ「まあ・・・そう言うのはあくまでも推測だからな。どのくらいあてになるのか分からん。
むしろ寒冷化が進んで気温が著しく低くなる危険だってあるし。
かたる「え?その根拠は。
トモ「太陽の黒点(温度が低いところ)が関係しているって話があるんだったかな。
そもそも今が『間氷期』だから、それが終われば温度が下がるのは必然だと言う説もある。
かたる「間氷期・・・つまり氷河期と次の氷河期の間の期間ってことですか。
トモ「だけど、間氷期がいつ終わるのかも分からんし、今温度が上がっている理由も自然のものなのか
人間の活動が関わっているのかも分からん。
まあ、排ガスの煙は見るだけで不快になるものだし、なるべく出さないようにするのはいいことだ。
ついでにたばこの煙も徹底的に排除してほしいね。
環境というよりも、ひとりひとりの快適のために。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-6863.html
(第4493回)

| | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

これはひょっとして

トモ「カナブンかと思ったけど、これはひょっとして、メスのカブトムシでは!?
かたる「え~っ、そんな簡単にいますかね・・・?
カブトムシなんて、街中じゃほとんどお目にかかれないかと思いますけど。
トモ「む~ぅ、確かにそうだけど。でも、もしもカブトムシだとしたら
ゆっきーさんは、かなり運があるのかなぁ。
かたる「僕は、山の中で早朝にカブトムシを探しに行ったことならありますけど
その時は、クワガタしか見つかりませんでしたね。
トモさんは、カブトムシを見つけたり、捕まえたりした経験はありますか?
トモ「あるよ。
あと大阪時代は、家のベランダにカブトムシが飛んで来てたことがあった。
だから、建物内の階段なんかでカブトムシを見つけても
それはありえない話じゃないんだよ。
かたる「マンションの壁に張り付いていることなんかも、あるってことですか??
トモ「それもありうる。もっと言うと、アスファルトの上に唐突にいることもある。
カブトムシは山の中だけにいるわけじゃないんだよ。
かたる「へ~え・・・。
ところで、ゆっきーさんはそのひっくり返っている昆虫を、元に戻してあげたと
書かれていますけど、カブトムシの大きさだったら怖くありませんかね・・・?
トモ「んんっ?ん~・・・、そう言われると、そうかもしれない。
じゃあやっぱり、カナブンなんだろうか・・・?

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_ba3a.html
(第3022回)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

カタツムリと言えば

トモ「言えば?
かたる「うずまき貝殻ですね。
トモ「じゃあ、その貝殻から連想するものは?
かたる「・・・。ん・・・?
何のことですか?ペロペロキャンディ?
トモ「そういう連想の仕方もあるけど、殻はカルシウムで作られている・・・
で、そのカルシウムを、カタツムリはどこから摂っているのかと言うと
かたる「はい。
トモ「コンクリート。
かたる「え?カタツムリって、コンクリートを食べるんですか??
トモ「うん。だから、都会はカタツムリにとって栄養の宝庫・・・
と、ベクターケースファイルで言ってた。
それから、ついこの前の『世界不思議発見』でも、ちょこっとだけ
ふれられてたな。
かたる「へ~ぇ・・・。そうだったんですか~。
トモ「しかし、ゆっきーさんの写真のカタツムリは、あんまり綺麗な色じゃないなぁ。
青がまぜってて、ちょっと不気味だ・・・。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2008/07/post_d984.html
(第2956回)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧