« もうすぐバースデー | トップページ | 白いポスト »

2010年7月21日 (水)

タレ目キャラ

トモ「ゆっきーさんは、江川達也の漫画に出てきそうなキャラだと思うかい?
かたる「すみません、僕は江川達也という人をよく知りませんのでなんとも。
トモ「まじかるタルるートくんの作者・・・って言うよりも、東京大学物語の作者って言ったほうが近いのか。
まあ、東京~のほうは僕の方が知らないんだけど。
かたる「う~ん・・・、分かりません。
どんな絵柄を書くんでしょうか?
トモ「最初に見た時は、鉛筆をものすごく細かく使ったような絵だった気がするんだけど
あ。タルるートくんの読み切り漫画の話ね。
その後、連載化されたときにものすごくタッチが変わって一気にアニメ絵になってた。
『え?これ同じ人が描いたの??』ってほど別物になっててびっくりしたものだ。
特に女の子のキャラクターが読者にこれでもかという程媚び媚びで、お色気たっぷり。
『いや、小学生じゃないだろこのキャラの絵は・・・』と、突っ込まずにはいられない。
かたる「読者人気を取るために、方針を大転換したわけですね。
トモ「結局それが功を奏して、タルるートくんはヒットしたわけだけどね。
で、タレ目キャラの話になるんだけど、あの作者の絵は左右の目の開き具合が
大きく違っていることが多い印象だね。そんでもって四角(平行四辺形)をベースにしている印象がある。
で、距離的に遠い方の目を逆に大きく描くんだよ。
でもってヒロインは当然、読者に媚びて描くから、つり目の憎まれ屋にはし辛い。
だからタレ目キャラになるって寸法だ。いや、今は知らんよ。
読者に媚びる必要がないほど稼いだから、もう好きなようにやってるかもしれないからね。
かたる「・・・・・・トモさんの中で、相当印象が悪いということだけは・・・分かりました。
トモ「いや、別に嫌いじゃないよ。
媚び媚びだろうがなんだろうが、面白いものを描けばそれは正義だからね漫画の世界では。
実際、あの読み切りマンガのまま連載が始まったとしたら僕は読まなかったろうなぁ~。
あれは大成功だったと思う。

http://kawamurayukie.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/king-game.html
(第4531回)

|

« もうすぐバースデー | トップページ | 白いポスト »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タレ目キャラ:

« もうすぐバースデー | トップページ | 白いポスト »